栄養士の専門学校で学べること


栄養士の専門学校で何を学べる?

栄養士の免許を取得するためには、大学や短大、専門学校などで必要な科目を習得しなければなりません。

栄養士の学校ではどのようなことを教えてくれるのか、とても気になるという方も多いかもしれませんね。

栄養士と名乗るからには、やはり栄養学の基礎的な知識習得は必須項目となります。

食物から摂取した栄養が体内でどのように分解され、どのような物質に変化し、どのように吸収されていくのかなどをしっかりと学び、年代別に必要な栄養素はどのようなものなのかということを学んでいきます。

それに加えて、日本の食に関する歴史なども学ぶ必要があり、日本の文化的背景から鑑みた食生活の変化などを学びます。

また、日本国民の健康改善のための公衆栄養学、さらに、栄養指導に必要なコミュニケーション方法やカウンセリング方法など身に付けるための栄養指導論も学んでいきます。

栄養士の専門学校では食品や衛生に関する知識も学べる

栄養士の学校で学べるのは、何も栄養に関わることだけではありません。

例えば、栄養士は献立等を組み立てる大切な役割があるため、食品に関する知識も持ち合わせていなければなりません。

献立に使用する食品の栄養成分はもちろんのこと、調理によって栄養成分がどのように変化してしまうのかなどを学びます。

また、調理場などの衛生管理に気を配るのも栄養士の役割となりますから、細菌やウィルスに関連する衛生学についての知識も勉強しなければなりません。

それに付随し、多くの栄養士が活躍の場としている施設に関連した制度なども学んでいきます。

学校保健制度や社会保障制度、高齢者保険制度や社会福祉制度といったものに関する知識を学ぶことになります。

もちろん、栄養士は栄養に関する事柄だけではなく、調理そのものや人体に関する知識も有していなければなりませんので、給食管理学や調理学、解剖生理学や運動生理学といった分野も同時に学んでいくことになります。

>東京の栄養士の専門学校を見る