調理師の学校へ通う意味


調理師の学校なら基礎からしっかり学べる

調理師に必要となる調理師免許は、必ずしも調理師専門学校へ通って取得しなければならないというわけではありません。

実際には、予め定められた実務経験さえあれば受験資格は得られるため、調理師専門学校へ通わずに調理師免許を所得する人もいます。

間単に言えば、飲食店などで2年以上アルバイトをすれば、例え調理そのもができなくてもそれだけで受験資格を得ることができてしまうのです。

そうなると、わざわざ調理師専門学校へ通って調理師免許を取得する必要はないのではないか?とも思えてしまうかもしれません。

しかし、本格的に調理師という職業を生業として生きていきたいと考えているのであれば、基礎からしっかりと学ぶことのできる調理師専門学校で学ぶことはとても重要なことです。

もちろん、趣味として調理師免許が欲しいのか、職業としていきたいから調理師免許が欲しいのかにもよりますが、後者であれば確実に基礎から学ぶことのできる調理利専門学校を利用するのが間違いありません。

詳しくははこちら

調理師の学校なら就職にも有利

趣味ではなく、調理することを職業としていくなら、その先には就職というものも待ち構えています。

その際にも、個人で調理師免許を取得するより調理師専門学校の方が就職に有利になります。

それはなぜかと言いますと、調理師専門学校という特性上、多くが調理師専門学校を通して求人が行われているからです。

つまり、個人で調理師免許を所得したところで、実際に目にできる求人はハローワークなどの求人情報のみに限られてしまうため、就職のための選択肢が限られてしまうのです。

一方の調理師専門学校であれば、有名な飲食店やホテルなどの求人が集まりやすいため、就職のための選択肢が広がるのです。

調理師専門学校に通うということには、技術面だけでなく、その先にある就職という過程においても大きなメリットがあるのです。